しみはなぜできる?

シミの種類

シミには発生した場所や形状によって、原因や対策、治療の仕方が異なります。
シミには大きく分けて二つの種類があり、紫外線や、外部からの刺激、色素沈着などから、肌の表皮組織に異常が生じてできる、表在色素斑(老人性色素斑、ソバカス、くすみなど)と、 強烈に紫外線を浴びてしまったり、シミが発生したのを放置してしまい根が深くなって、肌の真皮組織に異常が生じてできる深在性色素斑(根深いシミ全般、脂漏性角化症、日光性花弁状色素斑)になります。
自分のシミがどのタイプか理解し、自分にあった治療方法を見つけましょう。

シミができる原因

シミができる原因も、シミの種類同様様々あります。
紫外線、女性ホルモンの異常、ストレスによる肌への影響、内臓トラブルによる肌への影響、自律神経の乱れからのホルモンバランスの乱れ、加齢による肌の老化、過剰な刺激による炎症、ソラーレンが含まれる食べ物の摂取、タバコによるビタミンCの崩壊、やけどやニキビ跡による色素沈着など、日常生活でなにげなく行っていることもシミの生成へとつながるものがたくさん潜んでいます。

シミを予防するホームケア

シミを予防するには、毎日のホームケアが重要です。
まず洗顔で肌の汚れをしっかりと落とし、うるおいがなくならいうちに美容液成分配合の美容液をつけましょう。美容液成分が配合された化粧品は、シミ対策に大変好ましいです。
また、マッサージをして血行促進することも大切です。
外出際には例え雲っていても必ず日焼け止めを塗り、紫外線予防をしましょう。紫外線は、晴れた日にしかでていないと思われがちですが、曇りや雨の日でも365日降り注がれています。
美容皮膚科ランキング
渋谷・新宿・池袋・銀座・梅田・心斎橋フェミークリニック 渋谷・新宿・池袋・銀座・梅田・心斎橋フェミークリニック シロノクリニック シロノクリニック クロスクリニック クロスクリニック オザキクリニック オザキクリニック 高輪スキンクリニック 高輪スキンクリニック
▲ ページトップへ